teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


君の誕生日

 投稿者:おざわっち  投稿日:2014年 1月12日(日)08時42分42秒
  きょうは君の誕生日だね
おめでとう
出会ったのは
もう8年前になるんだね
君は幼い子供を抱えて
寂しそうだった

毎年
君の誕生日には
都内のレストランで
君の子どもと一緒に祝ってきたね
たいていがブッフェだから
食べ過ぎちゃって

今年は
一緒に祝えないけど
身体に気を付けてね
せっかくの休みだというのに
僕は風邪を引いてしまって
どこにも行けないんだ

今でも愛してるよ

去年の誕生日祝いの
ビデオを見たら
幸せそうな僕らが写っていた

今日という日が
想像できなかったよ
胸が詰まって
もう何も言えない

ありがとう
いつまでも君の幸せを祈っているから

http://www.geocities.jp/poemsunflower/

 
 

番傘物語キラキラ

 投稿者:はるみ  投稿日:2011年 3月19日(土)23時13分11秒
  青いハートの大きな指輪 赤い羽付き海賊帽子 フェニックスのの帽子
アニマルの黄色い帽子 草津スキーのお土産スポンジケーキ。。。
他にもまだまだあったけど あなたに贈った貢ぎ物
ぜーんぶ使ってくれた優しさいっぱいの心。
次の26歳の誕生日には何をあげよう?!

もうすぐあなたの一悪魔(ひとり)芝居。
『和』が好きなあなたは浅草の劇場を選んでそこで素晴らしい芝居を見せる。
きっととっても素敵な和の衣装。

誕生日まであと1ヶ月、他の人と同じものではつまらない。
彼が喜んでもらえる物を選ばなきゃ♪

小さい頃の自分写真。着物着て番傘さして微笑んでる(^-^)
そうだ!浮世絵の番傘にしよう!
浅草の仲見世を番傘探しに楽しさいっぱいで歩く。
一軒のお店(おかだや)の前で立ち止まり見つけた『歌麿の番傘』
フッと思って毛筆体で名前を入れてもらうことに(~o~)
うーん、出来上がりが楽しみだ♪

2週間後、いよいよ出来た!!すごい~♪素敵!
喜んでくれるといいなぁ。。。

1週間あるお芝居の初日、彼には直接渡せなかったので
帰りに楽屋の近くでマネージャーに渡す。
松本さんならきっと渡してくれると。。。信じる。。。

とってもとっても素晴らしかった初日のお芝居。
2日目も会社帰りに急いで劇場に向かう。
今日も彼のお芝居が見られるうれしさで足どりは軽い♪

全てを自分一人で考案し、こんなにもエネルギッシュに
そしてみんなが考えなくてはならない事を取り入れた素晴らしい内容、
笑いもあり、会場の中までも使った一体感のあるお芝居だった。

最後の挨拶で彼が再度登場する。手に持っている物をみて一瞬、えっ?!
挨拶をしようとしたその時、彼はそれをバッと開いた!
とっさ的に立ち上がってしまった私!そして、涙が止まらなくなった。
まさか、昨日マネージャーに渡した番傘を翌日使ってくれるなんて!
ホントにホントにうれしかった。言葉には言い表せないほど。。。
あの番傘をさしながら、ずっとトークしてくれていた。
そして、残りの5日間毎日使ってくれた彼に心から感謝した。

数週間後、『笑っていいとも!』の登場でも傘を開いて登場してくれたね。
あまりにも使っていたので壊れちゃったけど(笑)
タモリさんにも傘のこと、色々聞かれていたね♪

タ 「何の傘なの??」
デ 『信者からの貢ぎ物でもらったんだプレゼント
タ 「良くできてるね~」

こんなにも気に入ってくれたんだって、番組の中のあなたのあの言葉で確信したよ♪

デ 『お土産はみんなタモさんにあげる、でも。。。傘はあげない!』
 

20年ぶりに気づいた優しさ ハート

 投稿者:はるみ  投稿日:2011年 3月19日(土)22時54分31秒
  大好きなカラオケで99点が出た♪
今まで自分には無理だろうと思ってた点数だ。
この曲には思い出がいっぱいつまってる。
彼の声が身体に染みつくくらい何回も何回も聞いた曲。
ものすごく久しぶりに歌っても、その頃を鮮明に思い出して
自然に声が出る。彼の歌い方まで身に染みついている。
この曲の頃は一番楽しかった。
名前も顔も覚えてくれて、色々な地方に行っても気づいて笑顔を向けてくれた。
言葉は交わさなくても。。。わかってた。
言葉は交わさなくても。。。二人の間には一つの空気が流れていた。
他のファンには気付かないような優しさを与えてくれた。
彼が気に入ってくれていた私からの貢ぎ物、
『クリスタルの大きな青いハートの指輪』
色々な番組で彼の指にそれを見つけただけでとっても幸せだった。
その頃の曲がこの曲。
だから99点を出せたときは本当に嬉しかった。
思い出のこの曲で。。。

そして今度は100点を目指すため、原曲の研究♪♪
youtubeでプロモーションビデオを見つける。
これもまたとっても懐かしい♪
歌の研究のつもりが画面に見入ってしまった。
♪~裏切りや嘲りを握りしめて今~♪
その時、彼が空き缶を握りつぶしている場面になる。
ふっと握りつぶしている右手ではなく、左手を見ると。。。
あの!『クリスタルの大きな青いハートの指輪』!
バカだね、私。20年ぶりに気づくなんて。。。
バカだね、私。20年も経っているのに、それ見てうれしくなって。
あの頃のことなのに、今気づいて今泣いて。。。
もうあの頃じゃないのに、うれしくてほんわかして。。。
いやなことが続いた日々だったのに、それがじんわりなくなった。
もうあの頃ではないのに、20年ぶりに優しさ感じたうれしいひとときだった。
 

帰り道

 投稿者:ゆうな  投稿日:2011年 3月19日(土)22時51分25秒
  何日かぶりで彼に会えた。
数日しか経ってないのに
会えない時間はとても長く感じる。

ディナーのあとは大好きなカラオケ♪
今日は平井堅の『POP★STAR』

~君に出会えた喜びと
 君に会えない淋しさの両方を手にとって~

あなたに出会えた日
好きになった喜びは今もはっきり覚えてる。
あなたに会えない淋しさもいつもいつも抱えてる。

キラキラのPOP★STAR
私は羽を広げてあなたに魔法をかけた。
今日はぎゅっと抱きしめて。。。

手をつないで駅へ向かう帰り道、
二人の足どりはスローだね。
淋しさのあまり言おうとしたその時、彼が言った。
『まだこのまま君と一緒にいたい』
淋しさでいっぱいだった心は彼の一言でうれしさに変わった。

帰り道。。。
どうしていつも寂しいんだろう。
どうしていつも同じ気持ちになるんだろう。
それはきっといつもあなたといたいから。。。
 

誕生日

 投稿者:ゆうな  投稿日:2011年 3月19日(土)22時47分42秒
  誕生日って女の子にとって特別な日。
貴方に祝ってもらったのはこれで3回目だね。
今までで一番の素敵なバースデー。
誕生日当日は会えないってわかっていたけど、
数日前からおめでとうメールを何回も送ってくれたね。
そんな貴方の気持ちがうれしかったよ。

こんな私でも大切に思ってくれる貴方。
こんな私でも愛してくれる貴方。
こんな私だけど貴方のこと大好きだよ。

今日も仕事に出る私。
外を歩く私の襟元にキラキラ光る愛の証。
愛のこもったダイヤモンドは
貴方からの愛の贈り物。。。
 

彼女の詩 私の詩

 投稿者:ゆうな  投稿日:2011年 3月19日(土)22時46分33秒
  貴方の作った詩を読んでいつも思ってた。
あの時熱愛していた彼女の詩も
あの時通り過ぎていった彼女の詩もあるのに
どうして私の詩はないのだろう。。。

彼は言った。
『通り過ぎていってしまったから詩が書けるんだ』

でも。。。羨ましかったの。
こんなに熱愛していた彼女に
こんなに素敵な詩を書いてもらえるのは幸せなことだねって。

私も貴方の過去の人にならないと詩を書いてもらえないの?
ずっとずっと思ってた。

でもそれでもずっと待つの。。。
いつの日か貴方が彼女たち以上の素敵な詩を
私に書いてくれるその日まで。。。
 

大好きな君へ誕生日に捧ぐ

 投稿者:おざわっち  投稿日:2010年 6月13日(日)23時34分13秒
編集済
  出会って4回目の君の誕生日
早いものだね
振り返ってみると
あんなに小さかった君の子供が
君よりもずっと大きくなった
昔の写真より
ずっと君は綺麗になった
恋する女はひたむきで
思い返せば僕の人生は
仕事がなくて寂しい毎日
夢だけが僕を支えてきたけれど
君と出会ってからの4年間は
君が本当の幸せを与えてくれた
ディズニーランドではしゃぐ君は
まるで子供のよう
箱根のドライブはスピードを出すだけで
かっこいいと無邪気に喜んでくれた
君のおかげで新しい仕事をみつけた
苦しい時期もあって悩んだけど
その時励ましてくれたのは君
ありがとう
僕がプレゼントしたピアノで練習する君
なかなか進まないようだけど
少しずつ楽譜を覚えていく君は
本当はもっと才能がある女性なのかもしれない
今まで僕が書いてきた架空のお話は
一気に色あせてしまった
最近パソコンが壊れたり
デジカメが壊れたり
仕事上でも色々アクシデントが続くけど
めげないでね
きっといつか幸せの道を彩る
花に変わるはずだから
ありがとう
これからも共に生きよう
来年の誕生日も祝おうね
大好きだよ

2010/01/12
 

疲れ果てた喫茶店

 投稿者:おざわっち  投稿日:2006年 7月 2日(日)12時17分59秒
  この広い地球で、自分がなんとみすぼらしく
ちっぽけに思えた日
疲れ果てたぼろぼろの思いを引きずって
阿佐ヶ谷の喫茶店に入る
そこで開かれる朗読を聴きに来たのだ
女性が二人
薄暗いぼんやりした光の中で
美しい言葉で物語を織り成す
時々、アップライトのピアノが音楽を奏でる
ピアノも朗読の物語に登場しているかのようだ
会社帰りの人
近所の奥さんと子供
若い女性
そこで織り成すいつもと違う空間
いつもと違う静謐な時間
いつもは人気の少ない喫茶店だが
その時間は人が溢れていた
なんと言葉を待ち望んでいる人の多いことか
豊かな時間と空間
ささやかだけれども
そこに居た人しか味わえない
小さな宝石のような芸術だった

※時間がなかったので忘れないうちに掲示板のほうに書き込みました
 

感想お待ちしております。

 投稿者:おざわっち  投稿日:2006年 7月 2日(日)12時05分31秒
  掲示板を付け替えてから、誰も書き込まなくなりました。
遠慮なく足跡を残していってくださいね。
色々リンクをしておりますが、年々訪れる人が減ってきます。
どうしたら増えるだろうか?
詩を発表するペースは遅いですが、これからも続けていきます。
 

掲示板を付け替えました

 投稿者:おざわっち  投稿日:2006年 1月 3日(火)21時35分30秒
  新しい掲示板を付け替えました。
今までのものは修正が面倒だったので荒れていましたが、今度のは簡単に書き込んだり、削除したりできるものにしました。
遠慮なく感想を書き込んだり、なにか足跡を残してください。
 

レンタル掲示板
/1