teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


夏ノ巻

 投稿者:y-toku  投稿日:2018年 4月30日(月)19時01分19秒
  今回はやっぱりこれ。

○THE ALFEE 2018 Summer Event 開催決定!!!!!
THE ALFEE 45th Anniversary Summer Best Hit Alfee 2018 夏ノ巻
「Chateau of The Alfee」
2018年 7月 28日(土) 開場16:30 / 開演18:00
2018年 7月 29日(日) 開場15:30 / 開演17:00
■会場:横浜アリーナ
■チケット料金:指定 ¥9,500(税込)
◇メモリアルチケット/メモリアルグッズ付

私の春ノ巻初日参加前にもう夏ノ巻の発表。(^^;)
例年、4月下旬に夏のイベントの発表があるので、
相模大野のコンサートで発表されると予想していた方も多かったみたいですね。
そして、7月最後の土日だけ横浜アリーナのスケジュールが空いていたので
会場もかなりの方が予想的中だったようです。
今は横浜アリーナのHPにも出ています。

3年連続で私の住む横浜での開催となったのは喜ばしいことです。
今回はChateau(城)がタイトルに入っていますが、
どのようなイベントになるのか今から楽しみです。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 
 

アナザースカイ

 投稿者:y-toku  投稿日:2018年 3月25日(日)14時53分24秒
  先日の日テレ系「アナザースカイ」に高見沢さん出演!
ということで、録画した上で拝見いたしました。(^^)

http://www.ntv.co.jp/anothersky/contents/2018/03/post-2085.html

いやはや、非常に密度の濃い内容の30分。(^^)
それにしても、25年以上のアル中(アルフィー中毒)でありながら、
知らないことがまだまだあるのだと実感しました。
「悲劇受胎」の基になったのはサン・マルコ美術館の絵だったり、
代名詞でもあるエンジェルギターの元になった絵がウフィツィ美術館にあったり、
他のバラエティー番組では分からないような目から鱗の情報が多かった気がします。

イタリアも一度は行ってみたい国ですね。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

平成29年度アクチュアリー試験合格発表

 投稿者:y-toku  投稿日:2018年 2月25日(日)18時37分28秒
  さて、2/14(水)、バレンタインデーの日にアクチュアリー試験の
合格発表がありました。
合格率の正式発表はまだですが、例年のように予想合格率が出されており、
科目ごとの合格率の高低(この科目よりあの科目のほうが難しかった、などなど)は
概ね当たっていると思います。
(試験委員なので結果を知っているのですが、正式に公表されるまでは当然言えません。
 そこはご容赦ください。)

で、合格発表があると恒例の試験制度に対する批判が出てくるのですが、
その中でも多いのは以下の2つ。

・第2次試験も結局暗記
試験要領の記載は以下のとおり。

第2次試験については「アクチュアリーとしての実務を行う上で必要な専門的知識
および問題解決能力を有するかどうかを判定することを目的とする」という趣旨から、
専門的知識の部分は教科書・参考書を中心とした出題範囲となりますが、
問題解決能力の部分はアクチュアリーの役割および時事問題についても
出題範囲に含めて論述式の解答を求める等、より広く専門職としての見識を
問うことになります。
試験問題は、全体の5割程度が『アクチュアリーとしての実務を行う上で必要な
専門的知識を有するかどうかを判定する問題(第Ⅰ部)』、全体の5割程度が
『アクチュアリーとしての実務を行う上で必要な専門的知識に加え問題解決能力を
有するかどうかを判定する問題(第Ⅱ部)』で構成されます。

「専門的知識の部分は教科書・参考書を中心とした出題」と書いている以上は
これに反する出題はできないです。
現在のような出題形式がベストと言えるかどうかは難しいですが、
少なくとも一つの取りうる選択肢だと考えています。

正会員から「第2次試験も暗記ばかりの出題になっている」という批判があれば
それは真摯に受け止めなくてはいけない部分はあるのですが、
受験生から同じ批判があった場合、逆に
「暗記すれば受かると分かっているなら、どうして実践しないの?」
と思ってしまいます。
去年も言いましたが、文句は試験に合格してからでも遅くは無いです。

・(特に第1次試験で)合格率に波がありすぎる。
相対評価ではなく絶対評価にしていることもあって、確かに毎年の合格率に
結構な変動があるのは事実です。
これに対する個人的な考えは去年も書いているとおりです。

今回は年金数理で合格基準点を60点から50点に下げました。
試験要領には「合格基準点(各科目の満点の60%を基準として試験委員会が
相当と認めた得点)以上の得点の者を合格とします。」との記載があるので、
今回の年金数理は50点が相当と認めた得点ということです。

今回のように、結果を見て合格基準点を下げることはありますが、
逆に上げる例は今までないです。
絶対評価とはいえ、ある意味受験生にとってのメリットではないでしょうか。
試験時間中に難しいと感じても、今回のように合格基準点を下げるケースもあるので、
諦めずに最後までチャレンジすることが大事だと思います。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」(by 安西先生)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

2018年のテーマ

 投稿者:y-toku  投稿日:2018年 1月28日(日)14時44分59秒
  2003年から、毎年初めに決めている1年のテーマですが、

2003年:「我進我道」
2004年:「瞬間の支配者たれ」
2005年:「My EUPHORIA  Our ARCADIA」
2006年:「NEUTRAL~10年目のCommunication~」
2007年:「Continuation ~ the well-balanced inertia~」
2008年:「真 ~This life is mine~」
2009年:「Promised Bell」
2010年:「STS ~SAVE&TRY SOUL~」
2011年:「Universality」
2012年:「Return to the DNA ~原点回帰~」
2013年:「FP3 ~NEXT 10 years~」
2014年:「history ~karma, for the future~」
2015年:「Stairway to 2018 Tradition」
2016年:「Stairway to 2018 fusion ~and new~」
2017年:「Stairway to 2018 faith ~ last one piece~」

とここまで続いてまいりました。

2018年、いよいよStairwayの頂上に辿り着く今年のテーマは







「The Good Turn ~ 40th ~」



でいきます!!!


いよいよ今年の12月で不惑の歳、40歳を迎えます。
人生80年と考えれば折り返し地点。
人生前半を素晴らしい形で終えて折り返せるようにしたいとの思いから
このテーマにいたしました。

そして、Good Turnには「親切」という意味もあります。
歳をとったからといって奢らず、親切心は忘れないようにしたいです。

一区切りをつける年、これまでに培ってきた力をすべて今年に捧げて、
2018年を乗り切りたいと思います。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

安室奈美恵引退理由

 投稿者:y-toku  投稿日:2018年 1月 7日(日)14時33分12秒
  改めてNHKの特別番組を見た上での感想を。

実は35歳・デビュー20周年の5大ドームツアーの時に、引退を決めていた。
「燃え尽きてしまっていたので、次、何をするのか考えられずにいた。」

この発言を聞いたとき、自分のアクチュアリー試験のことを思い出しました。

私もアクチュアリー試験の合格、アクチュアリー会正会員を目標に
20代前半から頑張ってきましたが、試験に合格し正会員となったとき、ふと
「この後自分は何をすればいいんだろう?」と思いました。

幸い、自分は合格後にアクチュアリー会の副事務局長を務めさせていただいたり、
海外研修に行ったり、試験委員会事務局を務めさせていただいたり、
新しいことが次々と決まっていったので、与えられたことをやっていけば
よかったのですが、それでも「次は何をしよう?この後もし何も無かったら・・・。」
という不安は常にあります。

と同時に、自分と同じような気持ちを持っている人がいるということに
ちょっと安心もしました。

その後、引退を25周年に定め、残りの5年間をファンにコンサートで
楽しんでもらう期間、ファンへの感謝を伝える期間に位置づけ、
40都市100公演のホールツアーを実施したわけですが、これを聞いて
昨年の初め頃に地元・三重で安室奈美恵のコンサートがあった理由も分かりました。
ドーム規模のコンサートをやっている彼女が、たった約2,000人収容のホールで
コンサートをすることに違和感があったのですが、そういうことだったのですね。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

横須賀ぶらり散歩

 投稿者:y-toku  投稿日:2017年11月26日(日)13時47分49秒
  11/18(土)、THE ALFEEの秋ツアーで横須賀に行ってきました!!

で、横須賀は1992年のTHE ALFEEの夏のイベント「JUST LIVE!」の
会場であったということで、コンサート前にその跡地を巡ってきました。
当初は厚木の米軍基地内で開催される予定だったのですが、
米軍基地内で終戦記念日に反戦の歌を歌うのは・・・という
「各界からの意見・要望」のために、会場変更を余儀なくされた伝説の夏のイベントです。
現在はその会場は「海辺つり公園」となっています。

http://www.nicspark.com/yokosuka/umibetsuri/

雨模様でしたが、それでも釣りを楽しんでいる方が10名ほどおられました。

実は厳密にはこの公園は会場の一部でして、実際のコンサート会場の跡地には
下水処理施設ができており、当然ながら関係者以外は立ち入りできません。
(真ん中の写真に写っているクリーム色の建物がその施設です。)
おそらくですが、この施設の向かい側に古い下水処理場があったので、
建物の老朽化によりコンサート後に立てられたものだと思います。

その後、コンサート会場近くのこのお店に寄り、コンサート前に腹ごしらえ。

http://gotrip.jp/2015/02/16510/

店名のとおり、ハチミツをバンズにつけて食べるという
少々珍しいハンバーガーが売りですが、味は一級品!!!
テレビ番組でも何度か取り上げられている有名店で、店内には
数多くのサイン色紙が飾られていました。
私が来訪したのは16時頃でしたが、他にもお客さんが7~8名ほど。
このあとコンサート会場に行くと思しき方もいました。

で、ハンバーガーを食した後、コンサート会場に向かったのですが、
ツアー序盤からは何曲か入れ替わっており、スペシャルなコンサートでした。(^^)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

フィールドワーク

 投稿者:y-toku  投稿日:2017年10月29日(日)14時27分32秒
  私の母校は中学の修学旅行で東京にやってくるのが恒例なのですが、
その際に、どこかの企業にアポを取り、企業訪問することになっています。

http://www.akatsuki.ed.jp/akatsuki-jh/diary.cgi?mode=select&count=001672

私は高校からの編入だったので詳しく分からないのですが、
生徒の自主性にある程度任せる修学旅行っていうのもいいですね。
私の会社にもやって来ていただけるのなら、もちろん大歓迎ですよ!

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

OLIS-東京大学 保険フォーラム

 投稿者:y-toku  投稿日:2017年10月 1日(日)18時28分19秒
  昨日はOLIS-東京大学 保険フォーラムで約5年ぶりに東京大学駒場キャンパスへ。
アクチュアリー会の例会がこまばエミナースで開催されてた頃は、
たまにこのへんに来ることがあったのですが、
イベントがないとなかなか来ないですね。
(こまばエミナースは無くなって、跡地はマンションになってるのを
 昨日初めて知りました。)

保険フォーラムは講演の内容が難しかったのか、学生からの質問が少なかったのが残念。
でも最後の有識者対談は学生からの質問もあって、数々の本音が垣間見れたりして
こちらも有意義でした。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

2017Takamiyソロ@パシフィコ横浜

 投稿者:y-toku  投稿日:2017年 9月 3日(日)13時33分46秒
  昨日・今日の2日間は、私にとって今年の夏最後の締めくくりとなる
Takamiyソロ@パシフィコ横浜です。
昨年のソロはチケットが取れなかったので、2年ぶりのソロ、2年ぶりのみなとみらいです。

今日のコンサートを楽しみにされている方もいると思いますので、
詳細はまた改めてということにしますが、
一言で言うと、まさしく集大成という感じですかね。
楽曲を聴きながら、「これは神戸で聞いたな」とか、「Zepp東京にも行ったっけ」とか、
昔の記憶がよみがえってきました。
ソロは年数回の公演なので、印象が強く残ってるというのもありますが。

昨日はいつ寝たのか分からないくらいクタクタになりましたが、
今日は更に完全燃焼、今年の夏の最後の思い出としたいと思います。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

THE ALFEE 31st Summer Best Hit Alfee 2017 夏フェスタ(詳細・セットリスト有り)

 投稿者:y-toku  投稿日:2017年 8月 6日(日)15時19分10秒
  THE ALFEE 31st Summer
Best Hit Alfee 2017 夏フェスタ
会場:横浜アリーナ

2017/7/29(土)
北スタンド 北1列71番
<SET LIST>
1.Journey
2.Crimson Kiss
3.Shout
4.サファイアの瞳
5.Stand Up, Baby-愛こそすべて-
6.幻想飛行
7.BRIDGED TO THE SUN
8.Long Way To Freedom
9.Riverside [America]
10.タマホームの歌
11.君はパラダイス
12.真夏のストレンジャー
13.OVER DRIVE
14.夢よ急げ
15.創造への楔
16.真夜中を突っ走れ!
17.AUBE ~新しい夜明け
18.Brave Love ~Galaxy Express 999
19.あなたに贈る愛の歌
(EC1)
20.Them From The KanLekeeZ
21.エメラルドの伝説
22.フリフリ
23.Dancing 60's
24.エレキな恋人
25.星空のディスタンス
(EC2)
26.SWEAT & TEARS
27.Saved By The Love Song


2017/7/30(日)
西スタンド 西6列35番
<SET LIST>
1.二人のSEASON
2.恋の炎
3.STARSHIP-光を求めて-
4.英雄の詩
5.Orionからの招待状
6.孤独な世代
7.Love-Zero=
8.Long Way to freedom
9.The Boxer [Simon & Garfunkel]
10.タマホームの歌
11.SUNSET-SUNRISE KISS
12.うつろな瞳
13.Over Drive
14.夢よ急げ
15.創造への楔
16.Beat Pop Generation
17.AUBE ~新しい夜明け
18.Brave Love ~Galaxy Express 999
19.あなたに贈る愛の歌
(EC1)
20.Theme From The KanLeKeeZ
21.トンネル天国
22.ブルー・シャトウ
23.好きさハート好きさ
24.Dancing 60's
25.エレキな恋人
26.星空のディスタンス
(EC2)
27.SWEAT & TEARS
28.夜明けのLanding Bahn

今年も初日は北、2日目は西と昨年と同じような位置から。
ただし、昨年よりもそれぞれ列は前になっていました。(^^)

初日、まずはグッズ先行販売目指して12:00頃に会場に到着。
既にすごい列ができていましたが、何とか1時間ほどでグッズ購入&DVD予約&
メモリアルグッズ引き換え完了。
昨年は列を環状2号線沿いに作っていましたが、今年は鶴見川方面に伸びるように
列を作っていました。この変更は大正解!!!
日陰も多いし、横浜アリーナへ出入りする車の邪魔にもなりませんしね。

その後、いったん家に戻り昼食と仮眠をとってから、再度会場に来たのは17:30頃。
完全に雨具を持って行くのを忘れていて、新横浜駅から土砂降りの雨に濡れながら
何とか会場にたどり着けました。

2日目は15:30頃に新横浜に到着後、駅周辺のお店で遅めの昼食をとったあと、
16:10頃に会場に到着。
初日は雨で会場周辺・会場内の写真を撮ってる余裕がなかったので、
いろいろと写真を撮ってから着席。

セットリストは2日間で6割ほど入れ替えていたでしょうか。
春フェスタのように頭はThe KanLeKeeZを予想していましたが、
1曲目の「Journey」でいきなり裏切られました。 (^^;)
「Crimson Kiss」の赤スカーフが舞っているのは本当に綺麗でした。
これに限らずですが、スタンド席からアリーナを見渡すと
一体感が本当に凄い!!!
The KanLeKeeZのパートの「LOVE LOVE LIGHT」もあの数で見ると本当に圧巻でした。
皆さんダンスもちゃんと覚えてるようでしたし。

ちょっと気になったのは「孤独の世代」の出だしとAメロ。
完全にボーカルと音がずれてました。
坂崎さんは「あれは完全に自分の責任の事故だけど、事故を誘発することがあった。」
とラジオで弁明されてました。
詳細は分かりませんが、どうやらイヤモニの調子が原因の1つのようです。

来賓席に初日はKinki Kidsの堂本光一君、2日目にはジュディ・オングさんが
いらしていたようです。
2日目は来賓席が近かったので、誰か有名人はいないかなと思って
見ていたのですが、マネージャーや友人らしき方、もしくはイベンターの関係者が
多い中、ぽつんと着物姿で1人で座っている方がいて、気になっていたのですが、
その方がどうやらジュディ・オングさんだったようです。

2日目のオーラスは「夜明けのLanding Bahn」
完全に裏切られました。むふっ
昨年の夏フェスの初日1曲目だったので、今年は無いだろうと油断してました。
今にして思えば、あの日本平オールナイトコンサートから30年。
そのときの話題がMCでもあって、これらがオーラスへの伏線だったんですね。
「日本平に行っていた人」との質問に数多くの手が挙がっていたのが
これまた衝撃でした。

さて、夏フェスタも終わり、次はTakamiyソロに向けて準備の夏。
もう秋フェスタの予約も始まっているし、忘れずに申し込まなくては。
夏フェスタはコンサートの3日前から強烈な喉痛に悩まされ、
決して万全の調子ではなかったので、これを教訓に体調管理も
しっかりしようと思います。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~y-toku-i/tool/index.html

 

レンタル掲示板
/21