teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 台与擁立に至る戦いの遺構

 投稿者:銀河 秋彩  投稿日:2017年 6月22日(木)12時16分5秒 nthrsm170094.hrsm.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  > No.26[元記事へ]

> 台与擁立に至る戦いの遺構と思われる環壕を見てきました。
> 系図の稚押彦が立てこもったと考えています。
> 詳しくはこちら
> http://yamatai.sblo.jp/article/177899767.html


間違っています。
【▼矛圏(物部氏)】「以死」の、難升米(卑弥呼)の邪馬壹(やまい)国・吉野ケ里
http://www.yado.co.jp/kankou/saga/sagasi/yosino/yosino.htm
一番下の左の甕棺が、難升米の墓・剣やガラス管あり。

http://ginga3396.blog.fc2.com/

 
 

古代に支配していた氏族

 投稿者:銀河 秋彩  投稿日:2017年 6月22日(木)12時08分4秒 nthrsm170094.hrsm.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  古代に我が国を支配していた氏族
  ①【◆銅鐸圏(燕)】公孫氏=「東 魚是 人(東廷人)」。
    司馬懿と裏切った難升米に滅亡さされた!
⇒ ②【▼矛圏(物部氏)】難升米の邪馬壹(やまい)国・吉野ケ里
http://www.yado.co.jp/kankou/saga/sagasi/yosino/yosino.htm
⇒ ③【●鏡圏(蘇我氏)】魏帝・曹芳に認められた、
臺与の投馬国(とまや・苫屋 ←やまとノ倒語)= 邪馬臺(やまと)国成立・トカラ列島の★宝島
(君が代が謳われた、観音堂大鍾乳洞あり)
http://www.kurumi.sakura.ne.jp/~mmrnet/yamataikoku/yamataikoku2.html
⇒ ④【●鏡圏(蘇我氏)】斉明太上天皇(★宝 皇女)の天草・御所ケ浦島
⇒ ⑤【●鏡圏(蘇我氏)】推古太上天皇の女王国(倭国・鹿児島県+邪馬臺国・宮崎県)

http://ginga3396.blog.fc2.com/

 

倭人里巨大メジャー

 投稿者:銀河 秋彩  投稿日:2017年 6月22日(木)11時54分40秒 nthrsm170094.hrsm.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
   倭人里巨大メジャー

「55m/倭人里」の、代表的な実例
   《加治木義博説》

(大阪府の)堺市にある仁徳天皇陵と、
羽曳野市にある応神天皇陵との距離は11キロメートル。
その同じ直線上にある崇神天皇陵と応神天皇陵との距離は、
ちょうどその二倍の22キロメートル。
さらにその直線をはるかに東に伸ばした線上にある伊勢神宮の古社地まで、
仁徳陵から110キロメートルある。
お気づきのとおり、すべての遺跡間の間隔が全部55メートルの倍数に
なっている。

  11km ÷ 55 =  200倭人里
  22km ÷ 55 =  400倭人里
 110km ÷ 55 = 2000倭人里

【●鏡圏(蘇我氏)】
発祥地・臺与の投馬国(とまや ←倒語)・邪馬臺(→ やまと)国への行程
 正しい女王国(宮崎県&鹿児島県)~
http://ginga3396.blog.fc2.com/blog-entry-558.html
 

http://ginga3396.blog.fc2.com/

 

邪馬臺国とは

 投稿者:銀河 秋彩  投稿日:2017年 6月22日(木)11時45分38秒 nthrsm170094.hrsm.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  【▲矛圏(物部氏)】女王・難升米の邪馬壹(やまい)国・吉野ヶ里も、
   ↓
【●鏡圏(蘇我氏)】女王・臺与の投馬国(とまや ←逆さまから読む頭語)・邪馬臺(やまと)国
(発祥地)トカラ列島の宝島も、君臨者は、女王である!
皇統が、大倭国・蘇我大王家(秋)になって続いたが、
(君臨者・女王)太上天皇 &(統治者・男王)天皇であった!
http://www.kurumi.sakura.ne.jp/~mmrnet/yamataikoku/yamataikoku2.html

http://ginga3396.blog.fc2.com/

 

台与擁立に至る戦いの遺構

 投稿者:曲学の徒  投稿日:2016年12月 5日(月)11時31分40秒 236-76-156-220.flets.hi-ho.ne.jp
返信・引用
  台与擁立に至る戦いの遺構と思われる環壕を見てきました。
系図の稚押彦が立てこもったと考えています。
詳しくはこちら
http://yamatai.sblo.jp/article/177899767.html

http://yamatai.sblo.jp/article/177899767.html

 

レンタル掲示板
/6