teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:42/256 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ずっと忘れません

 投稿者:Miki  投稿日:2016年 7月 3日(日)18時35分46秒
  通報 返信・引用
  またおひとり、偉大な漫画家さんの訃報に接し、とても寂しく感じています。
私は小学校5年のときに、いろいろあって登校拒否になり、2学期の半ばからN県にある母の実家へ移り、母や祖母と暮らしました。6年に進級するときに、また戻って(元の住まいに)来れたのですが、N県に転入した際は、転校先の小学校になかなかなじめなくて・・(そこは、母や祖母の母校でもあったのですが)
そんなとき、出会ったのが、巴里夫先生の単行本『陽気な転校生』『チャオ!ミニミニ団』でした。たまたま入った本屋で見つけて、どこか惹かれて買ったような記憶があります。学校の友達とたくさん遊ぶよりは、一人で漫画を読んだり、描いたりするのが好きな子供でした。この作品に登場する、快活で明るい、前向きな主人公たちに、幾度となく感化され、励まされたものでした。今は普段引っ張り出せない場所に保管してありますが、子ども時代には何度も読み返した、バイブル的作品でした。今振り返ってみても、本当に懐かしいです。
大人になっても、相変わらず漫画は好きで、若い頃プロを目指していたこともありました(巴先生とゆかりの深い、「りぼん」でデビューを目指していました)。
志は達成することはかないませんでしたが、夢を追って多くの経験を積むことができた、若き日々は今でも大切な思い出となっています。
そして、折にふれて「今どうしていらっしゃるんだろうか」と、巴先生のことを思い出していたのですが・・残念ながら、ずっと公式サイトのことを存じておりませんでした。
もっと早く、先生がご健在のうちに知ることができていたらと、悔やまれます。
越谷市にお住まいだったと知って、そんなに近くにいらしたとは!と、またびっくり(市内ではありませんが、私も越谷市の近くに住んでいるので・・・)。

先生にファンレターやメールをお送りする機会を得られなかった代わりに、今回思い切ってこちらの掲示板に書き込みをさせていただきました。
巴里夫先生のご冥福を、心よりお祈りいたします。
先生の作品、これからもずっと大好きです。忘れることはありません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:42/256 《前のページ | 次のページ》
/256