teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:29/256 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

悲しいです

 投稿者:菜子  投稿日:2016年 7月 8日(金)08時52分15秒
  通報 返信・引用
  私が小学校に上がって、漫画を読み始めた頃、「りぼん」で巴里夫先生の漫画に出会って、
その頃、全盛期だった貸本屋さんでも先生の作品を多数借りて読んでました。

ある日、先生の作品を探してたら貸本屋のおじさんが「さっき、「りんごの涙」言う本が入ってたけど出てもた」っていうのを聴いて、「あ~、残念」って思ったのですがそれっきり「りんごの涙」と出会えることはなくてずっと心に引っかかってました。
それが、このホームページを知り、「りんごの涙」が復刻版で出てると知り、即注文しました。
その時に、この本にまつわるエピソードも書きましたが、先生から暖かいお返事を頂き、本にもサインを頂いて、嬉しくて、嬉しくて、一生大事にします。

先生の作品は他にもいっぱい記憶しています。
最近のことはすぐに忘れるようになりましたが(笑)昔読んだ作品は今でもその時のイラストまでよみがえってきます。
今でも、大好きな作品は「ふたつ星の旅」
両親が亡くなって姉妹で養護施設で育ってたのが妹が子供のいない裕福な家に貰われていった話でした。
妹んお名前はみなこ?だったかな?走っていく車を妹の名前を呼びながら追いかけて泣いてたお姉ちゃん。
読んで何度も涙しました。

それから地方から転校してきた女の子がクラスで挨拶の時、つい方言が出てしまい
「よろしくたのみますけん」だったかな?
それをクラスの男の子がまねをして「よ~、わかりましたけん」っていうんですよ。
その時は「あいつめ!」と、怒るのですが後で誤ってきた男の子に「こんな男前が謝ってくれてるのに何だかもったいなくてねえ」とか言って許しちゃいます。
そういう明るい主人公も先生の作品の特徴でした。
でも、そんな明るい主人公も仲良しの友達の友情には勝てなくてつい涙を流してしまいます。

タイトルは忘れてしまったのですが、そういう風に覚えてる作品がいっぱいあります。

ここしばらく、忙しくてホームページも覗きにこれなくて、そしたら突然の訃報を聞き、信じられない気持ちです。
これからも、先生の復刻本を読みたいと思ってた矢先です。

先生は亡くなっても先生の作品は永遠に生き続けますよね。

天国でも素敵な漫画を描き続けてくださいね。
私はこれからも永遠に巴里夫漫画の大ファンです。

ご冥福をお祈りします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:29/256 《前のページ | 次のページ》
/256