teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


巴里夫マンガの復刻を再開します

 投稿者:巴里夫のマンガ伝承保存会  投稿日:2016年11月 4日(金)09時54分27秒
返信・引用
   ファンの皆さま、故・巴里夫先生の逝去の際には、数々のご弔意、そして葬儀会場へのご弔問をいただき誠にありがとうございました。衷心より厚くお礼申しあげます。先生のお遺骨は、先生が生前中に用意されていたお墓に納骨され、先生は今、やすらかに永眠されておられます。
 お待たせしました。このたび、先生の遺志を継ぎ、先生のマンガ作品を復刻刊行する運びになりました。そのために「巴里夫のマンガ伝承保存会」を立ち上げ、「巴里夫のマンガ」サイトを開設し、ファンの皆さまに先生のマンガをお届けさせていただきます。
 ご支援たまわりたく、どうかよろしくお願いいたします。

http://www.tomoesatoo83.jp/

 
 

有難うございました。

 投稿者:Hiro Kuribayashi  投稿日:2016年 7月31日(日)10時02分40秒
返信・引用
  今日でこのサイトが終了するとのお知らせがありましたので再度やってきました。ここに残されたファンの皆さんのメッセージを読んで、改めて巴先生の作品や先生ご自身が多くの人に愛されていたことを実感しました。このサイトが終了することはとても残念ですが、新しいサイトが立ち上がるとのことですのでそれを心待ちにしております。これまでサイトを維持して頂き有難うございました。また新しいサイトでお目にかかれることを楽しみにしております。
 

巴里夫先生へ

 投稿者:S.H.  投稿日:2016年 7月29日(金)16時41分58秒
返信・引用
  50代女性です。6歳のとき初めて漫画雑誌を買ってもらい、巴先生の漫画と出会いました。陽気な転校生だったと思うのですが、主人公がこけしの絵付けをする回でした。そのときから先生の漫画に夢中になり、五年ひばり組、チャオ!ミニミニ団、ねえねえちゃんなど、楽しく読ませて頂きました。

また、戦争を題材にされた「赤いリュックサック」や他の作品(白骨が発見され女性教師が戦争の記憶を回想するお話でした)も強く心に残っています。

丁寧で美しい絵と、活き活きとした主人公たちの心の動きや言動、行動など、みな子ども心に強く印象づけられ、影響を受けました。

先生には、ただただ、ありがとうございましたと申し上げたいです。先生の作品と出合えて本当に良かった!!

巴里夫先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 

ありがとうございました

 投稿者:haru  投稿日:2016年 7月25日(月)23時13分10秒
返信・引用
  久しぶりにホームページを覗いてみましたら、先生が逝去されたとのことで大変ショックで驚いております。悲しいです。

幼稚園の年長時、りぼんの「5年ひばり組」ですっかりファンとなり
先生の描く少女に憧れていました。
私が50歳を過ぎてから、また先生が復刊されたことを知った時はもう夢のようでした。夢中で取り寄せ、送ってくださった少女の原画カットは今我が家の玄関に飾ってあります。宝物です。

きっとご家族の協力なサポートもあったことと思いますが、心身共に相当の覚悟を持って先生が復刊してくださったことで、またシンカンセンたちに出会えたこと、遅まきながら感謝の気持ちでいっぱいです。
巴里夫先生、私たちに夢を与えてくださって本当にありがとうございました。
「巴里夫のマンガ」サイトが開設されるとのこと。これからも陰ながら応援させていただきます。
奥様、弟様、ご家族様、お力を落としのことと存じますが、どうかご自愛くださいませ。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

巴里夫先生のご冥福をお祈り申し上げます

 投稿者:ブルーローズ  投稿日:2016年 7月25日(月)09時23分34秒
返信・引用
  昨夜突然巴先生のマンガのことが頭にひらめき、子供の頃に読んだ疎開っ子の大豆入りのお手玉と登校拒否児のお母さんが子どもの代わりに登校していたエピソードが思い出されましてネットで必死に検索をかけておりました。
それで先生が今月の2日にお亡くなりになられていたこと、直前まで現役時代の作品の復刻事業を行っておられていたことを偶然に知り、大変なショックとともに感銘を受けました。
ジャンルは全く違いますが、今年1月10日に急逝したデヴィッド・ボウイ氏のことを連想します。彼もまた死の直前まで自分の創作活動を続け彼の誕生日である1月8日に最期のアルバムを発表したばかりの訃報でした。
生涯現役、自らの作品に責任を持ち最後まで見届けて逝かれたお二方のアーティストの勇気に頭が下がる思いでいっぱいになります。
それにしても遅い虫の知らせでしょうか、私が巴先生のフルネームを覚えていたおかげでこのサイトにたどりつきましたが、もう少し早く先生のことを思い出されていればと悔やまれます。
巴先生の愛溢れた素晴らしい作品群が、我々往年の読者のみでなく今後も子供たちに読み継がれていけるように願ってやみません。
心のこもった長文の温かいメッセージをくださった奥様、復刻事業を受け継いでいかれる弟様、今年の夏は過酷な暑さです。どうかくれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。
 

レンタル掲示板
/51